通学費助成金

更新日:2023年09月06日

進学を契機とした転出の抑制や定住の促進を目的として、町外の中学校、高等学校、大学等に通学のため利用している公共交通機関及びスクールバスの定期券代及びスクールバス利用料の半額(上限あり)を助成します。

通学費助成金の対象者

以下のいずれかに該当する方が申請対象となります。

  • 町内に住所を有し、町外の中学校、高等学校、大学等に公共交通機関及びスクールバスを利用して通学している生徒・学生等の保護者
  • その他、町長が特に必要と認める者

(注意)中学校、高等学校、大学等とは学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学、高等専門学校、専修学校及び各種学校をいいます。

通学費助成金の対象経費など

助成金の対象経費及び補助率

令和5年4月以降の町外学校への通学に必要な公共交通機関の定期券代及びスクールバス利用料の2分の1以内

(注意)1,000円未満の端数は切り捨てです。

(注意)令和5年4月1日以降の通学に係る経費から対象となります。たとえば、令和5年3月に令和5年4月以降の定期券を購入していた場合でも、助成金の対象となります。

助成金の上限金額

通学している地区の区分に応じて年間助成金額に上限があります。

地区別上限金額
地区 限度額
川棚町内 年額20,000円
大村市内 年額30,000円
その他の市町村 年額100,000円

申請受付期間

令和5年度の申請期間は、以下のとおりです。

令和5年9月1日(金曜日)から令和6年3月31日(日曜日)まで

提出書類

  • 東彼杵町通学費助成金交付申請書(様式第1号)
  • 中学校、高等学校、大学等の在学証明書、学生証等の写しなどの在学中であることがわかる書類
  • 購入した定期券の写しまたはスクールバス利用料支払証明書または領収書等の写し

(注意事項)

令和5年度申請に限り、使用期限がすぎたため破棄したなどで購入した定期券の写しを提出できない場合であっても、聞き取り等により公共交通機関を使用し通学していたことが確認できれば、申請を受け付けることが可能です。その場合は事前にご相談ください。

提出方法

  • 郵送
  • 窓口へ直接持参
  • 電子申請サービスによる申請

郵送による場合

下記まで必要書類を郵送ください。

〒859-3808

長崎県東彼杵郡東彼杵町蔵本郷1850番地6

東彼杵町役場総務課企画係 宛

封筒の表に「通学助成金交付申請書在中」と表記してください

窓口へ直接持参の場合

平日朝8時半から夕方5時15分までに

東彼杵町役場総務課企画係窓口まで必要書類をご持参ください。

電子申請サービスの場合

来庁不要でいつでも申請できます。

電子申請は下記URLにアクセスし手続きを行ってください。

(注意)

  • 事前に申請書以外の書類のPDFデータもしくは写真データをご用意ください。
  • 電子申請システム利用にあたり、初回利用の場合は利用者登録が求められます。

要綱

よくある質問

質問とその回答は以下のページからご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 企画係
〒859-3808
長崎県東彼杵郡東彼杵町蔵本郷1850番地6
直通番号:0957-46-1286
(休日・夜間の緊急連絡は役場当直経由で対応)
お問い合わせフォームはこちら