国民健康保険税

更新日:2021年06月18日

国民健康保険税とは

国民健康保険は、加入者の皆さまが、お互いにお金を出し合い、皆さまの医療費や出産育児一時金、葬祭費などに使おうという助け合いの制度です。病気やケガをする人が少なく医療費が少ないと、国保税はそれだけ安くなります。病気やケガをしても安心して生活が送れるように、国保税は自分のため、みんなのために必ず納めましょう。

納税義務者

国保の加入者がいる世帯主です。世帯主本人が国保の加入者でなくとも、世帯の中に一人でも国保に加入している人がいれば、その世帯主(擬制世帯主)とみなして納税義務者となります。

税額(令和3年度国民健康保険税率表)

令和3年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、現行の税率のまま据え置くこととしました。

国民健康保険税率詳細

区分

税率

医療保険分
加入者の医療費に充てられます。

所得割

9.26%

均等割

29,900円

平等割

22,500円

限度額

630,000円

後期高齢者支援金分
後期高齢者支援制度の財源に充てられます。

所得割

2.81%

均等割

9,000円

平等割

7,100円

限度額

190,000円

介護保険分
介護保険制度の財源に充てられます。40才から64才加入者が対象です。

所得割

2.23%

均等割

9,800円

平等割

5,200円

限度額

170,000円

合計
介護保険分を含む。

所得割

14.30%

均等割

48,700円

平等割

34,800円

限度額

990,000円

納付について

  1. 国民健康保険税は、国保の被保険者になった月の分から納めます。
  2. 「被保険者になる」とは、職場の健康保険を抜けたときや、他の市町村から転入したときなどで、加入の手続きをしたときではありません。
    • 年度の途中で国保に加入した場合、加入した月の分からを納めます。
    • 年度の途中で職場の健康保険に加入した場合、職場の健康保険に加入した月の前月分までを納めます。
  3. 4月から翌年3月までの年度で計算しますが、6月から翌年3月までの10回で納めます。

納付についての注意

特別な事情がなく国保税を滞納されますと、通常より有効期限が短い保険証(短期保険証)や病院受診の際、窓口で治療費の全額を支払ってもらう必要のある国保の被保険者資格のみを証明する証(資格証明書)を交付することとなります。

国保税の滞納は、みなさんの健康を守るための治療費が支払えなくなるばかりではなく、国保制度そのものの運営に関わる重要な問題でもありますので、国保税は納期限までに確実に納めましょう。

その他

この記事に関するお問い合わせ先

税財政課 住民税係
〒859-3808
長崎県東彼杵郡東彼杵町蔵本郷1850番地6
直通番号:0957-46-1261
お問い合わせフォームはこちら