子どもの定期予防接種

更新日:2021年06月19日

予防接種を受ける前の注意

  1. 町が配布した「予防接種と子どもの健康」をお読みになり、十分理解したうえで受けてください。
  2. 乳幼児期の予防接種は個人通知をしませんので、計画的に受けてください。
  3. 母子手帳を必ずご持参ください。(忘れた場合は受けられません。)
  4. 対象年齢を過ぎてしまうと、任意の予防接種となり、自己責任・自己負担での接種となります。
  5. なるべく、「標準的な接種」の受け方で受けるようにしてください。
  6. 予防接種の受け方についてわからない場合は、役場健康推進係保健師(0957-46-1200)までお尋ねください。

接種場所

県内の各医療機関(一部を除く)

なるべく本人の状況等を把握したかかりつけ医等で接種してください。

接種期間

年間を通して受けることができます。必ず予約をして下さい。 

予防接種の種類・スケジュール

ロタ

対象年齢

ロタリックス:生後6週0日から24週0日までの間

ロタテック:生後6週0日から32週0日までの間

接種スケジュール

ロタリックスの接種スケジュール

回数

時期・間隔

標準的な接種

2回
経口接種

27日以上あける

【初回】生後2月に至った日から出生14週6日までの間に投与
(注意)出生15週0日以降の初回接種については安全性が確立されておらず、出生14週6日までに初回接種を完了させることが望ましい。

ロタテックの接種スケジュール

回数

時期・間隔

標準的な接種

3回
経口接種

27日以上あける

【初回】生後2月に至った日から出生14週6日までの間に投与
(注意)出生15週0日以降の初回接種については安全性が確立されておらず、出生14週6日までに初回接種を完了させることが望ましい。

ヒブ

対象年齢

生後2〜60か月に至るまで

接種スケジュール

ヒブの予防接種スケジュール

時期

回数

時期・間隔

標準的な接種

開始年齢が生後2〜7か月に至るまでの間

初回3回
追加1回

【初回】生後12か月に至るまでの間に、27日以上あける
【追加】初回接種終了後7か月以上あける
(注意)生後、12か月までに3回の初回接種を終了せずに生後12か月以降に追加接種を行う場合は、初回接種終了後27日以上の間隔をおいて1回

【初回】生後2〜7か月に至るまでに開始
【追加】初回接種終了後7〜13か月までの間隔をおく

開始年齢が生後7〜12か月に至るまでの間

初回2回
追加1回

【初回】生後12か月に至るまでの間に、27日以上あける
【追加】初回接種終了後7か月以上あける
(注意)生後、12か月までに2回の初回接種を終了せずに生後12か月以降に追加接種を行う場合は、初回接種終了後27日以上の間隔をおいて1回

開始年齢が生後12〜60か月に至るまでの間

1回

-

小児用肺炎球菌

対象年齢

生後2〜60か月に至るまで

接種スケジュール

小児用肺炎球菌の予防接種スケジュール

時期

回数

時期・間隔

標準的な接種

開始年齢が生後2〜7か月に至るまでの間

初回3回
追加1回

【初回】生後24か月に至るまでの間に、27日以上あける
(注意)ただし、初回2回目の接種が生後12か月を超えた場合、初回3回目の接種は行わない。
【追加】初回終了後60日以上の間隔をおいて、生後12か月に至った日以降

【初回】生後2〜7か月に至るまでに開始
【追加】生後12〜15か月に至るまで

開始年齢が生後7〜12か月に至るまでの間

初回2回
追加1回

【初回】生後24か月に至るまでの間に、27日以上あける
【追加】初回終了後60日以上の間隔をおいて、生後12か月に至った日以降

開始年齢が生後12〜24か月に至るまでの間

2回

60日以上あける

開始年齢が生後24〜60か月に至るまでの間

1回

-

B型肝炎

対象年齢

1歳に至るまでの間

接種スケジュール

B型肝炎の予防接種スケジュール

回数

時期・間隔

標準的な接種

初回2回

【初回】27日以上あける

特になし

追加1回

【追加】1回目の接種から139日以上あける

生後2月に至った時から
生後9月に至るまで

四種混合(ジフテリア・百日咳・ポリオ・破傷風)

対象年齢

生後3〜90か月に至るまでの間

接種スケジュール

四種混合ワクチンの接種スケジュール

回数

時期・間隔

標準的な接種

1期初回
3回

20日以上あける

生後3か月に達した時から12か月に達するまでの間(20〜56日までの間隔をおく)

1期追加
1回

1期初回接種(3回)終了後6か月以上あける

1期初回接種(3回)終了後12〜18か月の間隔をおく

BCG(結核)

対象年齢

1歳に至るまでの間

接種スケジュール

BCG(結核)の予防接種スケジュール

回数

標準的な接種

1回

生後5か月に達した時から8か月に達するまでの間

水痘

対象年齢

生後12〜36か月に至るまでの間

接種スケジュール

水痘の予防接種スケジュール

回数

時期・間隔

標準的な接種

2回

-

【1回目】生後12〜15か月に達するまで

3か月以上あける

【2回目】1回目接種終了後6か月〜12か月までの間隔をおく

麻しん風しん混合

対象年齢

生後12〜24か月に至るまでの間及び小学校就学前の1年間

接種スケジュール

麻しん風しん混合ワクチンの接種スケジュール

対象年齢

回数

時期・間隔

標準的な接種

生後12〜24か月に至るまでの間

1期1回

-

-

小学校就学前の1年間

2期1回

-

-

日本脳炎

対象年齢

生後6〜90か月に至るまで及び9歳以上13歳未満

接種スケジュール

日本脳炎の予防接種スケジュール

対象年齢

回数

時期・間隔

標準的な接種

生後6〜90か月に至るまで

1期初回
2回

6日以上あける

3〜4歳に達するまでの間
(6〜28日までの間隔をおく)

1期追加
1回

1期初回終了後6か月以上あける

4〜5歳に達するまでの間
(1期初回終了後、おおむね1年の間隔をおく)

9歳以上13歳未満

2期1回

-

9〜10歳に達するまでの間

日本脳炎の予防接種については、積極的な接種の呼びかけを差し控えていた期間(平成17年〜21年)がありました。そのため、日本脳炎の予防接種対象者の拡大及び接種期間が延長されています。

  • 平成7年4月2日〜平成19年4月1日生で未接種の方は、未完了分から接種できます。(接種期間20歳未満)
  • 平成19年4月2日〜平成21年10月1日生で1期の予防接種が終了していない方は、9歳以上13歳未満の間で、未完了分から接種できます。

(注意)乳幼児期の接種歴により接種間隔が異なります。母子健康手帳で確認し、役場健康推進係までお尋ねください。

二種混合(ジフテリア・破傷風)

対象年齢

11歳以上13歳未満

接種スケジュール

二種混合ワクチンの接種スケジュール

回数

時期・間隔

標準的な接種

1回

-

11〜12歳に達するまでの間

子宮頸がん

対象者

12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女子

接種スケジュール

(注意)現在、積極的な接種の呼びかけを差し控えています。接種にあたっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。

(注意)サーバリックスとガーダシル2つのワクチンを混合して接種することはできません。同一のワクチンを3回続けて接種するようにしてください。

サーバリックスの接種スケジュール

回数

時期・間隔

標準的な接種

3回

【2回目】1回目から1か月以上あける
【3回目】1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上あける

13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間
【2回目】1回目の接種から1か月あける
【3回目】1回目の接種から6か月あける

ガーダシルの接種スケジュール

回数

時期・間隔

標準的な接種

3回

【2回目】1回目の接種から1か月以上あける
【3回目】2回目の接種から3か月以上あける

13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間
【2回目】1回目の接種から2か月あける
【3回目】1回目の接種から6か月あける

他の予防接種との間隔

注射生ワクチン(BCG、水痘、麻しん風しん)同士を受ける場合:27日以上あける

保存用資料

上記スケジュールが一覧となった資料です。ダウンロードしてお手元に保存してください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康ほけん課 健康推進係
〒859-3808
長崎県東彼杵郡東彼杵町蔵本郷1850番地6
直通番号:0957-46-1200
お問い合わせフォームはこちら