建設工事等における予定価格及び最低制限価格の取り扱いについて

更新日:2022年05月02日

東彼杵町が発注する建設工事等の契約に係る入札の透明性及び公平性を確保するため、予定価格及び最低制限価格については以下のとおり取り扱うこととします。

予定価格の算出

設計金額にランダム係数A1(0.999~1.000)を乗じ、更にランダム係数B1(0.999~1.000)を乗じて算定した額を予定価格とする。

最低制限価格の算出

以下の算定式により算定し、設定の範囲内で設定した額にランダム係数A2(1.000~1.001)を乗じ、更にランダム係数B2(1.000~1.01)を乗じて算定した額を最低制限価格とする。

建設工事

建設工事の場合の算定式
算定式(千円未満切り捨て) 設定の範囲
  • 直接工事費×97%
  • 共通仮設費×90%
  • 現場管理費×90%
  • 一般管理費×68%
の合計

下限90%

上限92%

建築工事

建築工事の場合の算定式
算定式(千円未満切り捨て) 設定の範囲
  • (直接工事費×10分の9)×97%
  • 共通仮設費×90%
  • 【現場管理費+(直接工事費×10分の1)】×90%
  • 一般管理費×68%
の合計

下限90%

上限92%

建設関連委託

建設関連委託の場合の算定式
算定式(千円未満切り捨て) 設定の範囲
  • 測量
    直接測量費+測量調査費+諸経費×48%
  • 建築関係コンサル
    直接人件費+特別経費+技術経費×60%+諸経費×60%
  • 土木関係コンサル
    直接人件費+直接経費+その他原価×90%+一般管理費×48%
  • 地質調査
    直接調査費+間接調査費×90%+解析等調査業務費×80%+諸経費×48%
  • 補償関係建設コンサル
    直接調査費+直接経費+その他原価×90%+一般管理費×45%

 

  • 測量
    下限3分の2
    上限82%
  • 地質
    下限3分の2
    上限85%
  • その他
    下限3分の2
    上限80%

数値の取り扱い

全て税抜きとする。予定価格の計算はランダム係数A1、B1を乗じた後にそれぞれ千円未満の金額を切り上げる。最低制限価格の計算はランダム係数A2、B2を乗じた後にそれぞれ千円未満の金額を切り捨てる。

施行期間

令和4年7月1日以降に入札公告または入札執行通知する工事から当分の間施行する。

この記事に関するお問い合わせ先

税財政課 財政管財係
〒859-3808
長崎県東彼杵郡東彼杵町蔵本郷1850番地6
直通番号:0957-46-1205
(休日・夜間の緊急連絡は役場当直経由で対応)​​​​​​​
お問い合わせフォームはこちら