避難所における新型コロナウィルス感染症対策

更新日:2021年06月16日

新型コロナウィルス感染症がまん延する状況において、災害が発生し避難所を開設する場合には、感染症対策を万全に期すことが重要となっています。

また、災害時には断水により手指の流水洗浄ができない可能性もあり、避難所など密集した環境下での集団生活等により、ノロウィルス等による感染性胃腸炎やインフルエンザ、新型コロナウィルスなどの感染が拡大するリスクが高まります。

新型コロナウィルスが収束する前に、地震、風水害が起きたらどうなるのか、平時の事前準備及び災害時の対応を考えておきましょう。

避難に関する基本的な考え方

  • 「避難」とは「難」を「避」けることであり、自宅での安全確保が可能な人は、感染リスクを負ってまで避難所に行く必要はありません。
  • 本当に避難所に行く必要のある方を、適切に受け入れられるようご協力ください。自宅が危険な場合も、避難先は町が開設する避難所だけではありません。安全な親戚・知人宅に避難することも考えましょう。

手洗い、咳エチケット等の基本的な対策の徹底

避難者や、避難所運営に係わる人は、断水等の影響がない場合、頻繁に手洗いするとともに、咳エチケット等の基本的な感染症対策を徹底しましょう。

十分な換気の実施、スペースの確保等

避難所内は十分な換気に努めるとともに、避難者が十分なスペースが確保できるよう留意します。避難者の方々も本当に避難が必要か再確認しましょう。

発熱、咳等の症状が出た方のための専用スペースの確保

発熱、咳等の症状が出た方は、専用のスペースを確保します。できる限り個室にするとともに、専用のトイレを確保するよう努めます。一般避難者のご理解とご協力をお願いします。

感染症対策物資の持参

避難所の備蓄品には限りがあります。水や食糧に加え、自身の健康状態を確認するため体温計を持参するなど、可能な限り必要なものはご準備ください。

避難所にお持ちいただきたい物の例

  • 飲料水
  • 食料
  • 日用品
  • 常備薬
  • マスク
  • アルコール消毒液(ウェットティッシュ等)
  • 体温計
  • 着替え
  • モバイルバッテリー など

関連情報

併せてこちらもご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 防災交通係
〒859-3808
長崎県東彼杵郡東彼杵町蔵本郷1850番地6
直通番号:0957-46-0099
(休日・夜間の緊急連絡は役場当直経由で対応)​​​​​​​
お問い合わせフォームはこちら